So-net無料ブログ作成

世界最古のスッポンの化石発見!! [ニュース・生き物]

こんにちは、こんばんは
ジリスです

皆さま、スッポンは好きですか?
ジリスは大好きです

世界最古のスッポンの化石発見!!


20日、福井県勝山市の福井県立恐竜博物館は
約1億2000万年前の白亜紀前期の地層である「手取層群北谷層」で掘り出されたスッポンの化石が、
世界最古であると発表しました

20170422無題.jpg<スポンサードリンク>






・世界最古
太古の生物と言うとかなり巨大なものを想像しますが・・・
このスッポンの大きさは全長約40cm、甲羅の長さ約20cmと推定され、
現在のスッポンと変わらない大きさだそうです
化石は1989~2010年の第1次~3次恐竜化石発掘調査で発見されたカメの甲羅や上腕骨、骨盤の一部
当然ながら身はありません
約1億2千万年ほど時間が経過しているので、当たり前ですね
福井県立恐竜博物館の薗田研究員が東京大、早稲田大と共同で解析したところ
スッポンの特徴と一致し、発見した地層から世界最古のものであることが分かったそうです
発見された化石は現在のスッポンの形態的特徴と変わらないことから、
スッポンは1億年以上姿を変えず、東アジアから世界に広がっていったことも
明らかになりました

すごいですね
まさに生きた化石だったわけです





・これまで
ちなみに、これまで「世界最古」とされたスッポンは
中国の地層で発見された種で約1億1000万年前のものでした

今回その記録が塗り替えられ、スッポンのルーツも明らかになっていったわけです
これまで見つかった化石から、福井県立恐竜博物館は
「スッポン科の起源が白亜紀前期の東アジアで、
そこから中央アジアや北アメリカへと広がったと示された」と指摘しています

白亜紀中期当時はベーリング海でも温暖化が進んだため、変温動物のカメでも
北米に渡ることができたと推測されています




さて・・・ジリスとしてはこの子の「味」が気になるのですが
果たして化石から出汁は取れるのかと問われると・・・
無理ですね

血肉が滋養強壮で有名な「スッポン」と知らずに食べてしまった当時の動物たちは
果たしてどんなことになってしまったのか・・・
興味は尽きません


ではまた

<スポンサードリンク>







nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0


人気ブログランキングへ