So-net無料ブログ作成
検索選択

毒の部位不明の脅威! 雑種フグ増加中!! [ニュース・生き物]

こんにちは、こんばんは
ジリスです

フグ刺しは好きですか?
ジリスは大好きです
あの美味しいお魚に緊急事態発生です


毒の部位不明の脅威! 雑種フグ増加中!!


水産研究・教育機構水産大学校(山口県下関市)の高橋洋准教授(集団遺伝学)の調査で
食用の「ゴマフグ」と「ショウサイフグ」の雑種のフグが太平洋沖で増加していることが、
分かりました
地球温暖化の影響とみられています

gahag-0008717809a.jpg
<スポンサードリンク>








・問題点
この雑種フグがなぜ問題なのかと言うと・・・
「毒の部位が不明」なためです
一般的に、フグには有毒な部位とそうでない部位があり、
フグ刺しなどで提供される部位は毒がない「可食部位」です
それ以外の有毒な部位は専門店で調理される際、廃棄されます
ものがものだけに、生ごみと一緒にはされず
鍵付きのケースに厳重に投棄され、
焼却等衛生上の危害が生じない方法で処分されます






・原因
ゴマフグは主に日本海に、ショウサイフグは太平洋側に生息していますが、
温暖化による海水温上昇で生息域が北に広がり
ゴマフグがショウサイフグのいる太平洋側へ移動をしたことで
雑種が生まれているとみられています



・対策
漁業関係者らは対策として、体の模様やとげの有無などの特徴で種類を判別していますが
雑種は「種類不明フグ」として廃棄しています
無難な判断ですね
ですが、雑種がさらに純正種と交雑して生まれた個体の区別はベテラン漁業関係者らであっても困難であり、
厚生労働省の判別方法でも難しいと言われています
今現在確実な手段は、遺伝子解析しかないそうです

共通して「毒の無い部位」が分かれば、雑種でも食べる事ができるとは思いますが・・・
もしくは、フグの毒を無力化する方法でもあればいいのですけどね
(↑「フグを食べない」という選択肢を早々に投げ捨てた食い意地の張った齧歯類)



ではまた


<スポンサードリンク>







nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0


人気ブログランキングへ