So-net無料ブログ作成
検索選択

大型よろい恐竜(曲竜類)の化石発見! 当時の苦労が伺える・・・ [ニュース・生き物]


こんにちは、こんばんは
ジリスです

すいません、暑さで少しダウンしてました・・・
原稿書き上げたところでちょっと体調崩しまして
気を付けます

大型よろい恐竜(曲竜類)の化石発見! 当時の苦労が伺える・・・


なんと、化石というよりミイラのように思える
保存状態良好の恐竜の化石が発見されました!!


image_5097_3e-Borealopelta-markmitchelli.jpg

<スポンサードリンク>










・新種発見
2011年にカナダの鉱山でノドサウルス科の新種の化石が発見されました
上の画像をご覧になられるとお分かりいただけると思いますが
保存状態が非常に良好です
ミイラと言っても差し支えないほどの良い状態
皮膚やウロコまでも残っているというのは、まさに奇跡です

この子の名前は「ボレアロペルタ・マークミッチェリ(Borealopelta markmitchelli)」
米科学誌カレント・バイオロジーでも論文にて
「よろい竜の化石としてはこれまでに発見された中で最高の状態であり、
世界で最も優れた恐竜標本の一つ」と絶賛されています
なお、回収されているのは体の一部で、口先から腰部までの部分だそうです



・生きる苦労
さて・・・この子は主に植物を食べる植物食性の恐竜で
当然の事ながら、肉食恐竜の捕食圧からは逃れられません

このよろい竜の生存戦略は「カウンターシェーディング」(外敵の目をくらます術)と
言われています

が・・・・・・・1億1000万年前の白亜紀は
ご存知の通り「ティラノサウルス」などの大型肉食恐竜が闊歩していた時代です
で・・・・
北米はこのティラノサウルスはもちろん、アルバートサウルスやアクロカントサウルスら 大型肉食恐竜の生息域とモロに被る上に ディノニクスのような小型ではあるものの攻撃力の高く群れで狩りを行う恐竜もいました
捕食圧は半端なものではなかったでしょう



・今後
消化管内容物が化石として残っているという情報があり、
加ロイヤル・ティレル古生物学博物館などの研究チームは
これを調べて何を食べていたのかを調査するそうです


恐竜はロマンです
太古の昔に生きていた、今はもういない巨大な竜

ただ、ジリスは思うのです
世界のどこかで生き延びていて欲しいと


ではまた




<スポンサードリンク>








nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

人気ブログランキングへ