So-net無料ブログ作成
ニュース・スポーツ ブログトップ
前の10件 | -

秋場所千秋楽、横綱暴行問題 [ニュース・スポーツ]

こんにちは、こんばんは
ジリスです


さすがに・・・法律守りましょうね


秋場所千秋楽、横綱暴行問題


10月25日、伊勢ヶ浜部屋の横綱日馬富士関が九州場所前の巡業中に同じモンゴル出身の
貴乃花部屋の幕内貴ノ岩関を殴り、負傷させた事実が判明しました
繰り返された力士による暴行事件により角界が今、揺れています


gatag-00002305.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

元プロボクサー亀田興毅さん、急性アルコール中毒 病院搬送 [ニュース・スポーツ]

こんにちは、こんばんは
ジリスです



元プロボクサー亀田興毅さん、急性アルコール中毒 病院搬送


12日、ボクシングで日本初の世界3階級制覇を達成した元プロボクサーの亀田興毅さん(29)が
東京都港区でタクシーに乗車中に意識を失い病院に搬送されていたことが分かりました
急性アルコール中毒でしたが、幸い命に別状はないそうです

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

小林被告初公判で供述内容明らかに [清原被告の「信者なので」赤字だった] [ニュース・スポーツ]


こんにちは、こんばんは
ジリスです



小林被告初公判で供述内容明らかに [清原被告の「信者なので」赤字だった]


覚せい剤取締法違反罪で起訴された元プロ野球選手の清原和博被告(48)に
覚醒剤を譲り渡したとして、覚せい剤取締法違反(譲渡)の罪に問われている“密売人”の小林和之被告(45)の
初公判が27日、東京地裁で開かれました
小林被告は起訴内容を認め、検察側は冒頭陳述で、
小林被告が「私は(清原被告の)信者なので、もうける気持ちはなかった」と供述していることを明かしました

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

選手の背後にドローン落下 アルペンスキーW杯 [ニュース・スポーツ]

<スポンサードリンク>








こんにちは、こんばんは
ジリスです

あわや大惨事のとんでもない出来事が起きてしまいました



選手の背後にドローン落下 アルペンスキーW杯


22日、イタリアのマドンナディカンピリオで行われたアルペンスキーのワールドカップ(W杯)
男子回転の第2戦で、2回目の滑走中だったマルセル・ヒルシャー選手(オーストリア)のすぐ背後に
何かが落下して粉々になる事態が発生しました
落下したのはテレビ中継用の小型無人機「ドローン」だったそうです
選手に怪我はありませんでした



・ドローン
ドローンとは無人で遠隔操作や自動制御によって飛行できる航空機の総称ですが、
今回落下したものは、カメラ付きの小型無人機です
日本でも首相官邸の屋上に落下するなどの落下事故がおきており、
規制法案が通ったばかりです



・マルセル・ヒルシャー選手
今回の落下事故では、選手が高速で滑っていたため、
幸い本体の直撃や破片の飛散による影響を受けず、
ヒルシャー選手は2位に入賞しました
なお、すぐ背後にドローンが落下した事については
「気付かなかった」との事です

今回の落下事故について、マルセル・ヒルシャー選手は
「恐ろしい。二度とあってはならない」と話されました


・禁止区域
今回ドローンが落下した地点は、選手が滑走する場所であり、
当然の事ながら、ドローンの飛行は禁止されています
それにもかかわらず、ドローンが落下してきたと言う事は、
所有者が禁止区域であることを無視して
ドローンを飛ばしたということ以外に考えられません

どこのテレビ局がドローンを飛ばしたのか、今後は事態の究明と
再発防止が急がれます



ではまた







<スポンサードリンク>




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

広島が逆転勝利で世界3位 [ニュース・スポーツ]

<スポンサードリンク>








こんにちは、こんばんは
ジリスです

FIFAクラブワールドカップ2015にて、日本勢が大活躍です

広島が逆転勝利で世界3位


FIFAクラブワールドカップ2015の3位決定戦が20日に行われ、
サンフレッチェ広島(日本)と広州恒大(中国)が対戦しました
2-1でアジア王者・広州恒大を下したサンフレッチェ広島が3位になりました


・先制ゴール
前半4分、立ち上がりから攻勢に出た広州恒大が左からのCKをショートでリスタートすると
クロスボールにファーサイドのエウケソン選手が合わせました
キーパーの林卓人選手が弾き返しましたが、こぼれ球に反応したガオ・リン選手のシュートミスを
ゴール前のパウリーニョ選手がヘディングで押し込み、先制点を奪いました


・逆転
後半58分、佐藤選手に代えてドウグラス選手を投入、67分にはミキッチ選手に代えて柏好文選手を
ピッチに送り出しました
70分、広島の茶島選手が蹴った左CKがファーサイドに流れたところ、フリーだったドウグラス選手が
頭で押し込み、同点ゴールを決めました
さらに83分、右サイドでDFをかわした柏選手がクロスを上げると
ニアサイドで浅野選手が頭で合わせます
これはクロスバーを叩く結果になりましたが、こぼれ球をドウグラス選手がヘディングでゴール、
広島が逆転に成功しました
終盤、同点を目指す広州恒大が攻めこみましたが、
広島がこのまま逃げ切たっため2-1のまま試合終了になりました

逆転でアジア王者・広州恒大(中国)を下したサンフレッチェ広島(日本)がFIFAクラブワールドカップ3位になりました



素晴らしい逆転劇でした
先制された時はヒヤヒヤしましたが、心配も徒労に終わったようです

選手の皆様、お疲れ様でした!


ではまた





<スポンサードリンク>





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

澤穂希選手、引退会見 [ニュース・スポーツ]

<スポンサードリンク>








こんにちは、こんばんは
ジリスです

引退を表明した女子サッカーの澤穂希選手ですが、引退会見を開かれた模様です



澤穂希選手、引退会見

サッカーの2011年女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で
日本の初優勝に貢献し、今季限りで現役を引退するINAC神戸の澤穂希(37)選手が
12月17日、都内で記者会見を開きました



・理由
澤穂希選手は会見の冒頭で
「心と体が一致してトップレベルで戦うことが難しくなったと感じました」
と、引退の理由を語りました
なお、「結婚が理由では?」とする質問が飛びましたが 「関係無い」と、結婚が理由とする説を完全に否定しました


・最高のサッカー人生
澤穂希選手は
「人生の最大の大きな決断となりましたが、悔いのないやりきった本当に最高のサッカー人生でした」
「本当に長い間、サッカーを続けてたくさんの経験をして、本当に悔いのないやりきったサッカー人生だったという心境です」
と、引退に際し悔いのない事を語りました



・感謝
また、
「残りの皇后杯、最大で3試合残っています。
いままで応援して頂いた方々に感謝の気持ちを込めて精いっぱいプレーし、
サッカー選手澤穂希として最後生き様を見せたい。
今まで応援して下さった全ての方々に感謝したい。
みなさん本当に長い間ありがとうございました」
と、サッカーファンへの感謝の言葉を述べられました




澤穂希選手の引退は残念に思いますが、サッカーファンとしては彼女の意思を尊重し
最後まで応援したいと思います

澤穂希選手、本当にありがとうございました! そして、お疲れ様です! 新たな人生のスタートを心置きなく切ってください








<スポンサードリンク>




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

プレミア12 侍ジャパン メキシコ戦コールド勝ち [ニュース・スポーツ]

<スポンサードリンク>





こんにちは、こんばんは
ジリスです

本日は明るい話題をお送りします

侍ジャパン メキシコ戦コールド勝ち

国際大会「プレミア12」は21日に東京ドームで3位決定戦が行われました
侍ジャパンはメキシコと対戦し、11―1のコールド勝ちを収めました
これにより、日本は3位(銅メダル)が確定しました



・快進撃
打線は1回2死から山田選手が左翼席先制ソロを決め、
2回は2死三塁から坂本選手の三ゴロで2点目が追加
続く山田選手が2打席連発となる2ラン本塁打を左中席に叩き込みました
さらに筒香選手が左前打で続き、中田選手も2ラン本塁打
さらに平田選手が四球を選ぶと2死二塁から松田選手にも2ランが飛び出しました
これによりゲームは8点差となりました
8─0の6回は1死から筒香選手、中田選手が連続四球、
さらに平田選手の左翼線適時二塁打で加点を決めました



・サヨナラ本塁打
7回、無死一塁から秋山のサヨナラ本塁打で10点差(11―1)になりました
これによって規定により日本のコールド勝ちが確定しました
10点差になると勝ち確定という規定だそうです





まるで韓国戦での鬱憤を晴らすかのような快進撃です
3位になりましたが日本の実力を世界に見せつける結果になった事でしょう


ではまた






<スポンサードリンク>




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

プレミア12 侍ジャパン、韓国に敗れる [ニュース・スポーツ]

<スポンサードリンク>







こんにちは、こんばんは
ジリスです

残念なニュースをお届けしなければなりません

侍ジャパン、韓国に惨敗

プレミア12、準決勝で日本が韓国に、まさかの3-4で逆転負けを喫しました
日本は、先発の大谷翔平投手(日本ハム)が最速160キロを連発、
5者連続を含む11奪三振で7回をわずか1安打無失点の好投を見せました
が、九回に一挙4点を奪われ、逆転負けしてしまいました

・得点
日本は四回、中田選手(日本ハム)が四球、中村晃選手(ソフトバンク)が左前打で一死一をし、
三塁から平田選手(中日)が左前に先制適時打を放ち、1の得点を得ました
さらに、嶋選手(楽天)のゴロを捕球した遊撃手が二塁に悪送球する間に、二走、
中村晃選手が生還して2-0になります
さらに満塁のチャンスを作ると、坂本選手(巨人)が右犠飛を放ち、この回3点を奪い
一気に3-0になりました


・逆転
ここまでは快調な日本でしたが、九回、則本投手(楽天)は、先頭から3連打で1失点し、
続く打者に死球を与えてしまい、一死もとれないまま無死満塁で降板
3番手の松井投手(楽天)が押し出し四球で3-2と1点差に迫られました
小久保監督が増井投手(日本ハム)を投入しましたが、
李大浩に左越えに2点二塁打を浴びせられ、逆転
この回5安打で4点を奪われ、日本は逆転負けを喫してしまいました




・疑惑のデッドボール

ひとまず、こちらの動画を御覧ください
大谷翔平投手が李大浩(イ・デホ)打者にデッドボールを当ててしまったという場面です



いかがでしょうか?
ボールは打者にヒットしていますか?
私個人の目には、かすりもしなかったように見えます
見事なストライクです
ですが、審判はデッドボールの判定・・・
これは誤審の歴史に新たに書き加えられる1ページとなる事でしょう



ではまた




<スポンサードリンク>




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ハリルジャパン、カンボジアに2-0で勝利 [ニュース・スポーツ]

<スポンサードリンク>






こんにちは、こんばんは
ジリスです

今日は喜ばしいニュースをお届けします


「ハリルジャパン、カンボジアに2-0で勝利」

サッカー日本代表は17日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア2次予選E組で
カンボジア代表とアウェーで対戦しました
試合結果は・・・2-0でサッカー日本代表が勝利しました!!
これにより、勝ち点は16に伸びたそうです



・前半0―0
日本は前半、岡崎選手や原口選手らがゴール前に詰めてシュートを放ちました
が、キーパーに阻まれるなどしてゴールはなりませんでした
逆にカンボジアにシュートを許すなど、危ない場面もありました
前半終了間際には藤春選手がシュートを放ちましたが、
ゴールポストに当たり、ゴールはなりませんでした



・オウンゴール
後半開始直後、岡崎選手のPKが止められました
が、後半から入った柏木選手が相手ゴール前にボールを上げると、
相手の選手の頭にボールが当たり、そのままゴールへ・・・・・・・
オウンゴールで日本が先制した形です
カンボジア側にはたまったものではありませんが、
日本側にとってはまさに幸運の一点と言えるでしょう



・2-0
後半終了間際、藤春選手のクロスに途中出場の本田選手が頭で合わせ、
ゴールが決まりました
W杯予選5試合連続ゴールになります
結果、ハリルジャパンはカンボジアに2-0で勝利しました



見ているこちらもヒヤヒヤする場面が多かった試合でしたが
日本は勝利し、E組首位を守りました
このまま勝利を続けて勝ち点を伸ばし続けて欲しいですね


ではまた

<スポンサードリンク>




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

野球賭博問題  巨人3投手が無期失格処分 [ニュース・スポーツ]

<スポンサードリンク>











こんにちは、こんばんは
ジリスです

プロ野球界に激震が走ったあの話題を取り上げようと思います

野球賭博問題  巨人3投手が無期失格処分---コミッショナー裁定




プロ野球の巨人の選手達が野球賭博に関与していたという問題で、
日本野球機構(NPB)の熊崎勝彦コミッショナーは10日に、
賭博を行った福田聡志投手(32)、笠原将生投手(24)、松本竜也投手(22)の3選手に対し
無期の失格を、巨人軍には制裁金1000万円の処分を科す裁定を下しました
熊崎コミッショナーは記者会見を行い、
「多くの野球ファンや関係者の皆さんに、大変なご迷惑をおかけしたことについて、
プロ野球界を代表して重ねて深くおわび申し上げたい」と陳謝されました

0CCcQMygLMXpgodhOYC0g70.jpg

・厳しい処分「多くの野球ファンを裏切り、プロ野球界にぬぐいがたい汚点を与えた責任は極めて大きい」
「無期失格」は、個人への処分では「永久失格」に次ぐ重い処分だそうです
処分の理由として、野球の品位を酷く汚した事や、
多くのプロ野球選手の名誉を傷つけた事、多くの野球ファンの信頼を著しく傷つけたことが挙げられました
熊崎コミッショナーは「プロ野球に与えた悪影響は計り知れない」と話しています





・それぞれの理由
野球賭博に手を出した事について、処分を下された選手達は次のように話しています

福田聡志投手:軽はずみな気持ちで興味本位で野球賭博を始めてしまい、どうしてもやめられなかった。
手を出した甘さに後悔し、今まで支えてくれた人を裏切ることになり、本当に申し訳ありません

笠原将生投手:いろいろな人の人生を滅茶苦茶にしてしまった。
いくら償っても償いきれないという思いを死ぬまで引きずると思う。
NPBや巨人の名前に泥をつけてしまった。自分に何ができるか考えていきたい


松本竜也投手:興味本位で手を出してしまった。いろいろな人に迷惑をかけて申し訳ありません。反省しています。

「軽はずみで」「興味本位で」という、軽い気持ちで手を出してしまったという共通点が目立ちますね
ここまで大事になるとは思わなかったのでしょうか?
「軽い気持ち」その代償は想定外に大きな物でした





・巨人に制裁金1000万円
選手を抱えていた巨人にも厳しい罰則が科せられました
指導・監督が十分でなかった、というのがその理由です


・2人の人物
この野球賭博問題には、2人の人物が深く関わっているそうです
2人は不動産会社の元社員と飲食店の経営者であり、
いずれも日本野球機構の調査によると「野球賭博常習者」だそうです
2人が笠原将生投手と知り合いになった事により、
そこから他の投手とも接点を持ったと見られています




・ぬぐいがたい汚点
熊崎勝彦コミッショナーが言われるように、今回の事件がプロ野球界、しいては野球界全体に
与えた影響は小さくなく、その信頼は深く傷ついたと言えるでしょう
ですが、これを機会に蔓延っている膿は出しきらなければなりません
そうして初めて、信頼を取り戻すための一歩が踏み出せると思います








<スポンサードリンク>





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - ニュース・スポーツ ブログトップ

人気ブログランキングへ