So-net無料ブログ作成

害獣ビジネス [ニュース・生き物]

こんにちは、こんばんは
ジリスです

今日はビジネスのお話を持って参りました



害獣ビジネス


最初聞いた時は、一体何なのかと思いましたが
シカやイノシシなどの害獣の駆除に目を向けた
ビジネスだそうです




<スポンサードリンク>






・農村部での野生鳥獣の被害
農村部での野生鳥獣の被害は現在、約200億円に登るそうです
被害の約7割がシカ、イノシシ、サルによるもので、
全県でそれぞれ1000万円以上の被害が発生しており、
うち34都道府県は1億円以上だそうです
天敵となるオオカミの絶滅が影響しているのか、
1990年代からシカ・イノシシの数は増加しており
環境省の推定によるとシカは90年の約30万頭から2012年には約250万頭に、
イノシシは約25万頭から約90万頭に増えたとの事です




・若者が参戦
どうすれば農作物への被害を食い止め、継続的な害獣駆除ができるのかという難題に、
都市地域の若者が挑みに来ました
波多野一輝さん(30)は脱サラ青年、島根県の中山間部に位置する邑智郡美郷町で
江の川のほとりの小屋で、黙々とイノシシの解体を行う若者です
波多野さんがさばくイノシシの数は、年間500頭ほど、多い時には1日に5〜10頭に及ぶこともあるそうです
解体したイノシシ肉は、「おおち山くじら」のブランド肉として全国に出荷され、
また高級缶詰として加工、都市地域の若者をターゲットに販売されているそうです

なお、個人的感想ですが、猪の肉はかなり美味しいです
独特の臭みがありますが、その臭みがまた美味しさを引き立ててくれるので
個人的に大好きです

失礼しました、話を戻します
波多野さんを含めた、都会から美郷町に移住した20〜30代の3人の若者をとりまとめるのは、
東京に本社を置く「クイージ」代表の石﨑英治さんです
石﨑さんと「害獣」との出会いは、学生時代にさかのぼり
北海道大学農学部林学科の在籍時代、阿寒の森を研究していた時のこと
成長記録を付けるはずが、何十年も先輩の代から見守り続けてきた森林が、
1990年代に入って異常増加したエゾシカによって、樹皮を食べられ、
丸裸になり枯れ果ていくのを目の当たりにしたそうです
石﨑さんは「シカを獲るのも林学の仕事だよ」という恩師の言葉を胸に
森を守るため、自ら狩猟の資格を取り、駆除にあたったそうです



・政府の対策
増え続ける被害に、政府も対策に乗り出しており、農林水産省は鳥獣被害対策の事業費を拡大
2008年の28億円から2015年には95億円となるが、被害は拡大の一途をたどっています




・鳥獣の激増と被害拡大の背景
鳥獣の激増と被害拡大の背景には3つの理由があるそうです
それは気候変動と、高齢化と、過疎化で、暖冬で雪が少なくなり、害獣たちの生息域が山から農村部まで拡大
次に高齢化にともない猟師の数が約40年で1975年の52万人から半数以下の約18万人まで減少
人口に対する比率も0.1%(アメリカは4~13%、フランスは1.9%、イギリス0.7%)
しかも日本の狩猟者の半数以上が60代以上であり、
また過疎化で耕作放棄地が増え、収穫されないまま残った農作物を野生動物が漁りにくるようになり、
簡単に食料を得る方法を覚えてしまった事が大きな原因の一つです



・害獣ビジネスの難しさ
クイージを創業した石﨑さんは、北海道、島根、静岡、高知など、
全国の山間地域でイノシシやシカ肉の卸業を始めたそうです
ですが野生動物の肉は安定供給に向いていない、という問題に直面しました
野生動物は家畜と違い広範囲に点在しており、処理場の近くのシカを捕り切ってしまうと、
遠くへ猟に行かなければならず、
移動時間が長くなれば、仕留めたシカの腐敗がそのぶん進んでしまいます
その上、年によって捕獲量に波もあるのも問題です



・害獣駆除の先進地域
美郷町では猟友会の駆除班を解体、現在では、200人ほどの住民が農作業の一つとして罠猟を行っているそうです
美郷町で採用されているのは箱罠猟という猟法で、エサで害獣をおびき寄せ、
檻に閉じ込め生きたまま捕獲する方法が採られています
その方が衛生的な上に、新鮮なうちに精肉できるのです
美郷町にも少子高齢化の波が訪れているため、石崎さんは考えました
「そのときの美郷のイノシシ肉の売り上げは1000万ぐらいだったので、あと1000万あれば3人は雇用できるかなと。
3人いればスモールビジネスができるはず」と


・ジビエ料理
野生動物という性格上、乱獲はできません
そして人材を増やしたからといって捕獲量が増えるわけではありません
と、なると単価を高くするために付加価値を付けるしかありません
そんな時に石崎さんが相談したのが、以前から取引のあった、全国展開するインテリアショップ、
アクタスが運営するカジュアル・フレンチ「スーホルム」の責任者・河合祥太さんでした
フランスを中心としたヨーロッパではジビエ料理と呼ばれる伝統的な料理があります
河合さんはジビエ肉を安定して供給してもらうために、
イノシシなどを害獣として駆除している地域の経済的な安定が必要と考えていました
そこで石﨑さんと意気投合しました
2人がたどり着いたアイデアは、肉を新鮮な内に調理することができ、
流通・保存にも優れた缶詰でした
2人は地域にお金を還元するためにも、地元に工場をつくることにこだわりました
その際、補助金等はほとんど受けず、自立したビジネスとして成立させることで、
持続可能な「害獣被害」の解決につながると考えたのです


個人的にジビエには興味があります
ちょっと検索で探してみると、美味しそうな料理が並ぶので
興味のひかれた方は検索してみると良いでしょう
新しく始まったこのビジネス、成功・拡大して
害獣問題解決につながっていくと良いですね


ではまた



人気記事「猫バンバンプロジェクト」はこちら

人気記事「火星の激変、超巨大火山噴火が原因?」はこちら




<スポンサードリンク>






参考:「迷惑もの」が宝になる 田舎と都会、双方向の「害獣ビジネス」
(Yahoo!ニュース編集部/ライター中村計・Forbes JAPAN編集部)
http://news.yahoo.co.jp/feature/135




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0


人気ブログランキングへ