So-net無料ブログ作成

アメリカ中間選挙の前に [国際情勢・ニュース]

こんにちは、こんばんは
ジリスです


アメリカ中間選挙の前に

ジリスが当選前から追っていた
トランプ大統領についておさらい&総まとめします

20160220151806.jpg

<スポンサードリンク>









・アメリカ第一主義

グローバル化が普及している世界の流れに逆行する形で
「アメリカ第一主義」を掲げました
アメリカの利益のためなら他国の犠牲も厭わない姿勢を明確に打ち出し
外交だけでなく関税の操作など
行動で示し続けています




・支持層は無条件で擁護

「白人至上主義」「性差別主義」など
そういった今の国際社会で白い目で見られる層を
トランプ大統領は擁護して来ました
主な例として「KKK(クー・クラックス・クラン)」という団体が
有名でしょうか?
今でこそ大人しいですけど、昔は相当やらかしてたんですが・・・・・
トランプ大統領がまさかそれを知らないで擁護してるとは思えません
事実、過去に暴力などを含む過激な内容を収容者に実行していた責任者を
刑務所から恩赦で釈放しています

そして最近、女性の性的暴行問題のある人物をアメリカ最高裁判事にしています







・外交

前述の「アメリカ第一主義」だけではなく
「アメリカの敵」と一方的にみなした国への冷遇が目立ちます
イスラエルの認定をはじめ
イランの核合意から一方的に離脱と制裁の一方的復活
メキシコとの国境沿いの壁の建設など



・銃規制

これに非常に消極的であることは有名です
商業施設だけでなく学校での銃乱射事件が枚挙に暇がない状況にもかかわらずです
被害に遭った子供たちの懇願にもお茶を濁す発言で
なぁなぁで済ませた件は記憶に新しいでしょう



・核

核戦略もまたそれまでの流れに逆行しています
減らしてきた核をまた増やす方向へ
しかも、威力を抑えて小型化した「実用的なもの」の開発を目指しています



・総括

まずですね
についてですが・・・
もうそこまでするなら「核」にこだわる必要ないのではないかと
ベトナム戦争の時点ですでに「パンプキン」という名前の
強力な爆弾を開発して実戦投入していますので
わざわざ高コストで扱いの難しい厄介者を用意しなくても
より安価で扱いやすい便利屋がすでにいるということです
下手すると厄介者以上に有能で使い勝手がいいでしょう
それに、核はすでに防ぐ方法や退避方法ができています
当然です、原爆が作られてからもう何年経っているのかと
最悪でも自分ひとり助かればいいと考える独裁者に
果たして「抑止力」になるのでしょうか?

次に、他国の冷遇ですが・・・
たぶん「戦争になるわけがない」「戦争になってもアメリカが勝つ」と
お考えでしょうけど
今はもう国同士で戦う戦争は メインとは言えません
「テロ」が横行しているのが現実です
無害な人間を装って、あるいは洗脳されて
そんな人物が入ったり発生したりして引き起こす惨事です
突発的な上に誰がある日起こすか全くわからず
なによりも「準備さえ整えば誰でもできる」という特徴があります
防ぐ術があるとしたら、かなり正確な予知の超能力者でも雇わない限り不可能です
まして軍事施設などでなく、
一般人などのいわゆる「ソフトターゲット」を狙われた場合の困難さは
過去に起きたいくつもの悲惨なテロ事件が物語っています
さらに言うと、戦争が起きる目的は得てして「自国の勝利」ですが・・・
テロやテロリストの場合はそれがあてはまりません
「ただ打撃を与える」それだけのために自分の命をあっさり捨てる
そんな狂人が引き起こしている例がかなりの割合を占めています
理解不能な狂信者や完全におかしくなった人間が引き起こしている例もあります


そして、テロリストが生まれる理由は洗脳・発狂だけではありません
貧しさ、無力感、絶望、そして怒りや憎悪です

トランプ大統領の任期中に生じたこれらは
果たしてどれだけの数のテロリスト候補を作ったでしょうか?
彼の任期中には事は起きないかもしれませんが
それは「いなくなった」のではなく 「まだ準備中」「育っている最中」であるにすぎません
準備が終わり成長が終わった順番にテロを起こしていくことでしょう
そしてそれを完全に防ぐ手段は
残念ながら、ありません

核ミサイルを作ったとしても、
まさか自国内にそれを打ち込むようなことはできないでしょう

最近見たテレビでアメリカ人のコメンテイターの方が
トランプ氏率いる共和党にコアとなる固い地盤があり 勝利は確実だろうといった上で
「これが現実です」と言い切りました
その通りです

彼の任期はこれからも続き「アメリカの敵」は増え続けるでしょう

防ぐよりも被害を最小限に抑える方向にシフトした方が 賢明であるかもしれません

そもそも「防ぐ」それ自体が
どれだけ気を付けても不可能ですから

残念ながら

「これが現実です」


ではまた




<スポンサードリンク>











nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

人気ブログランキングへ