So-net無料ブログ作成

稀勢の里関、引退へ [ニュース・スポーツ]

こんにちは、こんばんは
ジリスです


稀勢の里関、引退へ

唯一の日本人横綱だった稀勢の里関が引退です


gatag-00002305.jpg
<スポンサードリンク>







・稀勢の里関とは
稀勢の里関は茨城県牛久市出身の日本人力士で
同時に今現在、唯一の日本人の横綱でもあります
そのため、盛り上がりは尋常ではなく
彼の出身地では彼に関連する町おこし
盛んです

気になられた方はこちらからどうぞ(市のHPに飛びます)




・引退について

稀勢の里関は引退を表明するにあたって会見を行い
「土俵人生において、一片の悔いも残っていません」と語られました

2017年から負傷による休場をしてきており
日本相撲協会に「腰部挫傷・左足前距腓靱帯損傷で約1か月の安静加療を要す」との
医師による診断書を提出しています
その後も怪我による休場が相次ぎました
完全に完治していなかったところに無理をして出たことが
怪我の悪化に繋がったと思われ
ジリスとしてはこの場合は負傷の完治を最優先し その後のリハビリや稽古でカンを取り戻していくのが賢明と思いました
が・・・・
相撲協会がどういう対応をしたかと言うと
こちらの記事を参照ください
2018年、進退を問われることとなり「激励」が言い渡されました
そのため2019年に入って稽古に出るなどしましたが
当たり前ですが怪我も完治していないだろうそんな状態でキレが取り戻せるはずもなく
九州場所でも黒星が続き
1月16日、引退を決意されました

ジリスとしてはですね 意外でも何でもありません むしろ「ああ、ついに」というのが正直な感想です

なぜか?
角界の皆様、そしてマスコミ関係者の方々

ご自分の胸にじっくり聞いてみたらいかがですか?

負傷した力士を気遣うどころか 「激励」だの「引退か?」だの言い続けて 追い詰めたのは誰ですか?

あなたたちは本気で角界を 変える気、実は全くないんでしょう?

敢えて言います
稀勢の里関への態度は一スポーツの選手への態度ではありません
消耗品か道具を扱うかのように感じました

「ファンの失望は大きい」と以前「激励」で言われていましたが
確かに大きいですよ、
あれだけ大騒ぎしてよくなるどころかむしろ悪化した 角界にも 彼を引退に追い込むことに協力した マスコミに対しても


ではまた








<スポンサードリンク>








nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

人気ブログランキングへ